2010年08月25日

久々に魚釣り

今日は仕事をお休みして、息子とその友人と大洗魚釣り園へ行ってきました。
投げ釣りとサビキをやりまして、イシモチ・シロギス・アジ・コノシロ・メジナ・アカエイを釣ってきました。カウント対象外のフグも多数出ましたけど。
朝早くから夕方までやりまして、この暑さ、参りました。園芸の日焼けなんて目じゃなくて、思い切りやけちゃいました。明日、職場で「焼けましたね〜」って言われるんだろうな〜。遊びに出掛けたのがバレバレですな。でも、思ったより結構釣れたので、行ってよかったです。息子が一緒に遊んでくれるのも、そう長くないかも知れませんしね。

100825oarai.jpg今日の釣果です。
一番大きいのはイシモチで、27cmでした。
これは投げ釣りで上げましたが、投げっぱなしておいてサビキやっている間に勝手に掛っていたので、釣りあげた実感がちと乏しいです。
家でこれらをさばくのがまた大変で、いや〜、疲れました。でも楽しい一日でした。


posted by furendo2005 at 23:59| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

大洗魚釣り園 (090504)


tsuri090504.jpg本日は久々に家族(+友人家族)で魚釣りに行ってきました。快晴ではないものの天気は良くて、昨日のお祭りと合わせて園芸ではここまで焼けないぞという位、めっちゃ日焼けしてしまいました。
行き先は表題の管理釣り場、慣れない早起きをして開園から夕方までひたすら頑張りましたが、自分が釣ったのは「おまつり」をして巻き上げたら何時の間にかついていた舌平目15cm(センチでの表現よりずっと小さく感じます)だけ。自分にはアタリらしいものはサッパリでしたが、息子はイシモチ3匹とワタリガニ1匹、カミサンがイシモチ1匹釣り上げました。ワタリガニ(13cm)が釣れたのにはビックリ仰天、こんなのが釣れるんだ〜と不用意に手を出したらいきなりバシッと鋏まれまして指から出血致しました。カニのはさみは強烈ですから、皆さんもご注意あれ
〜。
本日の釣果はイシモチ大(20cm強)2匹、同小(12cm位)2匹、舌平目1匹、ワタリガニ1匹、友人宅はイシモチ2匹でありました。あとは、青々とした新鮮なワカメがいっぱい釣れまして、もって帰りましたよ〜(爆)

posted by furendo2005 at 23:59| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

大洗魚釣り園(20081005)

今日は午後から友人宅と総勢7名で大洗魚釣り園へ出撃。
が、結果は全員ボーズでした(泣) なので、画像もありません・・・(合掌)。
周囲でも、小メジナ2匹くらいしか釣れているのを見かけませんでしたし、自分の投げ竿にもアタリは全然なく、頼みの夕刻にも期待していたサッパが全然釣れず、とにかくお魚がいなかったみたいです。うちの奥方はサビキで2回ほど針掛かりしたもののばらしてしまっておりました。本日の収穫といえばこの点だけ、というのは奥方の竿には一番高価な夜光性の毛ばりがついていまして、釣れない時には仕掛けは安物ではだめでも高級品だと何とかなるのかなと学習??しました。
自分は今日は(も?)投げても投げてもアタリがなく、なのに巻き上げると着いているはずの青イソメがなくて空の針がきらめいています。これはオカルト現象か?と思いきや、投げた後高速で巻き上げると甲羅3cmくらいの小さなカニ君が針にしがみついておりまして、どうやらこいつらがイソメを食していたのかと。とすると、大洗サンビーチの浅場はカニの絨毯状態?なんでしょうか。モーゼみたいに海の水を一気に引かせて海底がどんな風になっているのか見てみたいものです。
どうでもいい話ですが、往路の車の中で、釣りをした事がない友人婦人に娘が餌の「青イソメ」の説明をしていたのですが、友人婦人が「青い鮫」と聞き間違えてとんちんかんな会話になっていたのが可笑しかったです。

posted by furendo2005 at 23:59| Comment(2) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

大洗魚釣り園(20080922)


tsuri080922.jpg運動会の振替休日、自分も仕事を休んだものの、朝は降雨でレジャーには今ひとつの天気。こういう曇天の日の方が釣れそうなのと、平日なのできっと釣り場も空いているだろうと、今ひとつ気乗りしない家族を無理やり引き連れて大洗魚釣り園へ行って参りました。
着いたのは午後3時を過ぎてしまい、日没まで3時間弱の釣りでした。投げさお2本を自分と妻が担当し、サビキさお2本を子供達が担当。で、釣れたのはシロギス1匹、サッパ13匹、豆サイズのイワシ6匹でありました。この釣果でお判りになると思いますが、釣ったのは子供達ばかりで、投げで唯一のシロギスを釣ったのは妻で、つまり自分はボーズという結末に・・・(泣)。釣りに出かけるのを渋っていた子供達はこれまでになく釣れたのでそりゃもうご機嫌で・・・・なんで、一番釣りに行きたかった自分だけ連れないのでしょうか??
夜は恒例により自分が全部魚を捌きましたが、今回は今までにない数で捌き甲斐のある事・・・・ちょっと魚捌きが上手になったような気がします。それよりは釣るのを上手になりたいのですが・・・(泣)。
他のお客さんはというと、投げではあまり釣れていなかった模様で、サビキでサッパが多数とアジもぽつぽつ出ていたような感じでした。
posted by furendo2005 at 23:59| Comment(3) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

鹿島港魚釣り園

休日の月曜日に鹿島港魚釣り園へ出撃しました。
その前日に近所の釣具屋で青イソメを買おうとしたら何と売り切れ! 先日大洗魚釣り園で満員入場制限を食らった事もあり、これはもうたくさんの人が釣りに行くので混んでいるのではと心配でしたが、昼過ぎに魚釣り園に到着した所駐車スペースも釣り場もまだ空きがあり一安心。
で、肝心の釣りですが、投げ釣りメインにサビキ・投げサビキ・カゴ投げなど約5時間にわたり色々挑戦したものの、自分と息子と甥っこの3名で中小サイズのメゴチが7匹どまりで、あとは何故かエイが一匹。エイは釣れたのを見るのは初めてで「もって帰ってエイヒレにする?!」という考えも一瞬浮かびましたが、調理法もわからないのでリリースしました。夕方のサビキ釣りに期待していましたが、魚が全然いなくて空振りでした。周りの方もあまり釣れないようでしたが、メジナ25cmやイシガキダイ15cmなどぽつぽつ出てました。
自分は10cmに満たないメゴチ一匹で不完全燃焼〜〜息子は自分より数もサイズも勝っているので釣れないながらも満足顔。ん〜息子相手とはいえ悔しい・・・。
でも家に帰ればお魚捌きをしなくてはいけません。
あのぬるぬるしたメゴチをどう捌くのかと、ネットを調べたらいい方法がありまして、しかも動画もあるじゃないですか、便利な世の中になったもんです。で、その通りに無事に短時間で捌く事ができました(かなり小さいですが)。翌日、天ぷらにしていただきましたが、美味しく子供達も喜んでおりました。

megochi080915.jpg釣果はこれだけです。








ei080915.jpgこちらはリリースした「エイ」 こんなの釣れるんですね




megochi080915a.jpg捌いた後のメゴチです。ちっちゃいでしょ〜
ほんとに一口サイズでしたよ。
posted by furendo2005 at 23:23| Comment(7) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。